Blog
2018.10.29

感動するとパワーが出てきます。

「わかってくれた」、「そう思ってた」、「これだったんだ」
から沸き起こる共感のパワーも底知れないほど勇気をくれます。

どんなにすごい人でも苦しい時があって、
それぞれ救われたり、耐えたり、もがき明日を見出したり、、、

個人差あれどそういう経験が人を作っていくと思っておりました。

何度巻き起こっても本当に素晴らしい奇跡のような出来事ですね。

大きくなると忘れてしまうもの、薄れてしまうものはもちろんあります。

何度でも取り戻せますように。 

私もだれかにあげられますように。
2018.5.25
お久しぶりです!

近々HPをちょっとだけ改装します。

これまで関わった作品などをHPに上げてこなかったのですが、
大丈夫そうなものから順次アップしてゆきます。
こんなことしてるんだな〜とか、ちょっと一緒にやって見たいな〜
とかなんというか、そういうのがわかりやすくなればいいな。

はい!じゃぁ仕事頑張るぞー!

明日も暑いみたい。みなさま過ごしやすい服装で無理せずいきましょう。
私も無理しないように頑張ります笑

今日もいい日だった〜。 
元気ですと言うだけで、とっても喜んでくれる人が居る事が、
わたしはとてもうれしいです。

大変余談ですが、私は野球が大好きです。
川崎選手、かえってきますね。
一番好きな選手です。おかえりなさい。 

東京に来てそろそろ5年ほど立ちます。(あれそうだよね)
実家に居るときは、あんなに外が好きなのに
こちらではおうちが何よりも好きです。 
「無いかわりに有る」というのがこの場所ですが、「ない」を探しすぎて毎回何やってんだかとなります。笑

「やりたかったことはちょっと違う形で叶っていく」という言葉があります。
時に救われ時に虚しくなりますが、目覚めればいつでも元気です。
そうじゃない日もあるんだけど、まだまだ即転しながら生きている最中です。
まだまだ夜は寒いし、春はうらうらしきってませんが、
芽吹きと共に歩き出そうと、新年度新たに思いました。
おやしみ。 
お久しぶりです。
すっかり毎日寒く、いろいろすっとばしてバレンタインがもうすぐですね。

ライヴ後、さまざまあり、いろんな嬉しい事やおーまいがーがありました。笑

初めてメジャー作品に歌詞を付けさせていただいたり、お家で録った曲がぽぽんぽんとコンペ通ったり、実家の私の部屋をすっからかんにしたり、声帯炎になったり…年末年始はこれまでに無いほど怒濤に過ごしました。

嬉しい出来事があると、これまでお世話になってきた方々がすごくすごく喜んでくださり、自分だけの力では決して出来なかった事だとものすごく感じ、その度ありがたいなぁ、頑張ろうと思う事が出来ました。(何回もありがとうございますと言ってしまい、語彙力と言う言葉が身にしみました笑。)

さて、声帯炎症についてですが、自分が思っていたよりも重傷でして、未だに普通の声量で喋る事が出来ません。おしゃべりも喋るばっかりになるともって1時間くらい。
お医者さんとゆっくり治しましょうと進めてきたのでもう一息だと思いつつ過ごしております。また歌をはじめ声関係の仕事をされている方で声帯炎症についてあまり書かれてなかったので「私の場合」となりますが、ちょっとでもおなじように不安に思われた方が居た際お役立ちや慰めになればと思い書かせていただきます。。。

※2016.12.21に失声〜2017.2.4現在まで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12/16:喉と鼻の間が痛い。鏡で見た後、たまになる上咽頭炎だと判断。歌の仕事有り。

〜12/18:休診日&歌の仕事が立て続けに入り、マヌカハニーでしのぐ。

12/19:喉と鼻の間の痛み大分なくなるがココでやっと耳鼻科へ。→上咽頭炎確定。

私用のため実家へ(この時点で歌い納め。私情で歌いはじめ1/10~予定)

12/20:夜あたりから今まで聞いた事の無いようなひょろひょろでガラッガラの声になる。
面白くて家族とついつい話す。

12/21:起床、失声。
全く声が出ず、母から電話が来るものの、息で喋る事すら出来ずなにも伝わらない状態になる。まさに口パク。16日からの症状といつまで時間があるか等全て書いた紙持参。
お医者さんに行くと良くやる、「エーって言ってくださーい」の「エー」が息。音すらしない。
スコープで見ると真っ赤。大分酷い声帯炎症らしく、19日の診断が何故?となる。
声が出ない原因はまず、声帯のこすれるとこが腫れて震動どころか動かなくなっている。くわえて全体の炎症が酷い。薬で腫れを押さえる所からはじまる。ステロイド処方。すごくしょっく。毎日の通院で吸入、1/10までかならず通う事。
咽頭炎の時と違うのは、全然痛くない。
とにかく加湿に保湿、吸入、しゃべらない、力まない。
音、歌を聞かない、本を読まない、などなど注意する事盛りだくさんでした。
(実際テレビをみてると喉の不快感がすごくて、もう見てられなくなってしまい、いつだか物まね番組とかやってたんですが、もう本当に無理でした。)

12/22:朝、やはり全く声が出ない。よく、「声飛んでった」とかいったりするのですが、「声、なくなった」でした。病院も混む時期なのでもう大変。声が出ないのは承知なので紙に書いて持っていきますが、返事とか出来ないから手を振ったり、わざとゆっくり、逆にはやめに動いたりとか…。オーバーリアクションなのに心はすーすー風が通り抜けていくようでした。
げんきなのになぁ。年明けの仕事の整理をしなければとおもいつつ呆然とする。

12/23:結婚式に参列。喋れないのでめっちゃカメラマン。一眼レフでがしゃがしゃ録る。これが私に出来るお祝いでございました。息で喋れるように。というかほぼ気合い。ごはんめっちゃおしかった。とにかくにこにこ。ココにも紙とペン。声でなくなったのがある意味実家に居られるタイミングで本当によかった。後トイレにイソジンあって感動した。祝日のため耳鼻科お休み。

12/24:昨日の気合いでなんも声でないわらう。本当にもどってくるのかと思いつつ、本当はだめだけどもう1年に一回の本当に大事な日なので月の日に備えて寝る。


12/25:吸入後、東京へ戻る。ごめんなさいライヴいきました、UVERのクリスマスライヴは皆勤賞なので、というかもはやこれしか行けてないのでもうホント、本当は行かない方が良いんですけど、タートルネックにストール、濡れますく絶対外さないで見ました。ほんと。もうほんとあれ。同時に人ごみで息喋り全く通用しなくて笑った。筆談、スマホ談。

12/26〜29日:東京でも耳鼻科で吸入させてもらう。相変わらず声でない。大体1週間から10日でほとんどの一声出るってネットに書いてあってビビる。うそでしょ?え?ぜんぜん出ないけどこれあれかーやっぱ結婚式とかライヴいったのがまずかったかなと思いつつとにかくとにかく休む。声帯以外元気モリモリだけど、声帯めっちゃゆれやすいからとにかくやすむ。やすめるときはとにかく動かない。じっとしてる生きてるだけ揺れるから。そしていつのまにか3キロやせてる。

12/30:再び実家へ。耳鼻科がお正月休みに突入。年内最後の吸入。私の部屋を使用する為学習机など全部運び出す事に。とにかく返事が出来ないからめっちゃ不便。でもなんかあれだ、よく動きました。

12/31:引き続き掃除。すんごい低い声がちょっと出始める。もはや会話は不可能なくらい。でも音が出る。高い声はなんも出ない何この生き物?みたいな感覚になる。声が出ないって不思議。濡れマスクってちょっと種類違うやつにするとスポンジ部分が上唇にこすれてめっちゃ痛いめっちゃ荒れる。でも今これを手ばなすと私は死ぬそうですね、分かります。
カラダは楽器なんですね本当に。ギタリストのネックめちゃめちゃに折れたり、もしくは指全部骨折したくらいだよ。つまり元に戻すまで、それくらい時間がかかると言う事も薄々気づきだしていた頃。。。

1/1〜3日:お正月です!やっほっほー!お正月ですよ!わーいわーい!でも牧場には12/20日からいっていないんです。喜んで声だしちゃうから。もうお家でぬいぐるみで牧場ごっこするしか無かった。お父さんとおじいちゃんち開けたり、スピーカー引っ張りだしてきたり、去年の仮歌データ聞いたりしてすごしました。(もちろんヒミツねと言って除法も伏せてます。)

1/4:年明け初病院。腫れは引いたね、ゆっくりだけど確実によくなってるからとの言葉。自分でも実感しているし、実際にスコープで見れるからなお実感。赤いけど、声帯の膨らみは確かに引いてた!

~1/10:違和感がありつつも、低めの声で、控えめに喋れば、凄く小さいけれど、お願いしますとか、いつまでですか、とかありがとうございましたと言えるようになる。筋肉の衰えをひしひしと感じる。診察。ん〜。うたうのはまだまだ。喋るのをぼちぼち始めていってみましょう。

1/15:東京に戻りバイト初め。声が出るとかでないじゃない。笑顔だ。そしてくどいほどに水分補給をする。それだ。回復は1ヶ月未満でこのらくいかと言う感じ。吸入タイプのステロイドに。この時点で、低め、小さめの声で会話可能になってきてる。歌はまだまだ。
しゃべりっぱなしではなく、15分に一回くらい水分を録ればバイトは何とかなりそう。みんなバイトって大変なんだね1ヶ月くらいお休みいただいておいて言うのなんだけど。。。歌えるようになりたいのでもう1ヶ月お休みおなしゃす!って言えない自分に悲しさ。シフトは大分考慮して下り、無理なくて感謝しっぱなしでした。

〜25日:来る歌の仕事に申し訳なくなりつつ、必要な期間ですからと言ってくださる方が多く、もうありがたくて治すまで開き直る、歌ってお金をいただくからちゃんと治してからうたいたいんです。将来的にも大事にしたい声なんです。

〜2月4日:おしゃべりについては大分よくなってきている。うたはまだかかりそうだけれど、確実に回復に向かっている。一番は多分もう一度歌うのがちょっと怖い。持久力も無くなってるし、パッと前クリア歌えるっていうか確率は大分少なそう。でも近いぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんな感じです。
今回痛感したのは、声にめちゃくちゃ依存していた事です。
コミュニケーションツールとしてではなく、の成分のほぼ全てを声だと認識していました。

症状が酷い時には、なるべく1人で居るのではなく、実家にかえるなりして良いと思います。
心持ち、全然違いますよ。
私の場合、声を仕事として使うので(超売れっ子!とかではないですが)回復の最低ラインが多分ちょっと高めなので、大変時間がかかっておりますが、会話程度で、声変わっても気にしねーよって場合、もう少し早く回復した!と言えると思います。
またできるだけストレスフリーに状態にした方が良いです。大分精神的に来ます。

怖がってばかりでは歌えるものも歌えません。2月中旬から様子を見つつ、本格的にリハビリ開始できればなと思っております。目指せ前より良い声!

それでは、お世話になりますが、本年も何卒よろしくお願い致します。

 
こんばんは、お久しぶりです!

毎日ちゃんと生きています。

先日は誕生日で、過ぎた瞬間不思議ですね毎日がグンと早くなりました。
もう怖いほど早くなってそれから4日間ほどはなんだかすぐ夜になって、
朝になって昼を過ぎてもう19時みたいな感じでした。 

最近は素敵な事がいっぱいです。
それに反しておーまいがーもいっぱいです、
できるだけ、幸せを思い出して、幸せが有る事を忘れないで、
落ち着いて歩きたいものです。
でも走りたくなっちゃ生んだよね、それでつまづくんだよね、人だね。

これが、23歳の始まりです!

さあまた頑張ろう!

9月11日にお世話になった先生のバースデーライヴにて歌わせていただきます。
癒しの歌プロジェクトだって! わーい!

いつもありがとう。ひづめつかつかあるけやわたし。 
全 12 件中 1 - 5 件表示 次の5件 >> 
Profile
平井佑果/HiraiYuka
平井佑果/HiraiYuka

平井佑果/HiraiYuka(PN,朝霧ひつじ/AsagiriHitsuji)1993年8月26日 富士山のふもとに生まれる。 中学2年生より歌手を目指し高校...

Profile
AD
サイドバー