Blog
先週末は、長岡天神にお参りさせていただきました。
近くでライブがあったからです。



梅がちょうど見ごろでした。
梅って、白色や薄いピンクや濃いピンク、濃淡が楽しめていいですね。

そういえば、梅林って、梅の木に、ひとつひとつにお名前がついていることが多いけれど…。
なかには、読めない漢字もある…どんな想いを込めて、名前を付けるのかな。


長岡天神は、遠くに山が見えて、お堀もあって、とても情緒ある風景でした。


星歌未来
 

 

 

title キッドラジオV3
place 北堀江BLUES
act かわちぇりー・安曇聖奈・夕日・豊岡んみ・星歌未来・ここな めりぃ
open 18:40
start 19:00
ticket 2000円(2D込み)






    title アイドルカーニバルVol.3
    place 堀江Goldee
    act 俺達のパレハ・ShowTieむ・FAVORITE☆・おとまむ系ロディー(熊本)・Lunaticu Alice・こだまみおと・星歌未来…and moreろ
    ticket 各部予約(当日現金)2500円+1D
この日は、ファンの方にたくさんお会いできました!
予約してくださった方が3名さま!私にとって、3名さまもご予約いただけるなんて、本当に嬉しいことです!
日本橋まで、会いに来てくださるんだもん、なんて幸せなんでしょう!!
会いに来てくれて、本当にありがとうございます!


一番長いお客さまで、2時間くらいお話しました。 
兵庫県からお越しで、日本橋にはあまり来ないということで、ポルックスシアター付近を一緒に散策しました。



そして、また別のお客さまとは、同じドリンクを飲んで乾杯!
私は、初めて飲んだドリンクでした。
爽やかな炭酸でした。
このドリンクで一緒にチェキを撮って、思い出を残したよ。



そして、また別のお客さまからいただいた、サプライズプレゼント!!
お花のかたちをした入浴剤だそうです。
初めて見ました!なんて、可愛いんでしょう!
もったいないので、しばらく飾っておきます。



そして、もうお一人、ご予約でライブを見てくださったお客さまがいたのですが、
会場にいる当時は、私の予約で入ってくださっているとは知らずに、
あんまりお話出来ず、悔しい気持ちです。
会いに来てくださって、本当にありがとうございました!
DVDを買って行ってくださったことは、覚えていますが、もっとお話ししたかった!
このblogを見ていたら、また、ぜひ、お声掛けくださいね。
今度は、もっといっぱいお話しましょぉ!


みなさま、素敵な一日を、本当にありがとうございました!

星歌未来
春の日差しが、ぽかぽかした、暖かい日でした。


11時過ぎから、淀川の河原でリハーサルをしました。
なんて、気持ちがいいんだろう。
ギターの伴奏をしてくれたのは、かもまるさん。
よく河原で練習するそうです。
私は、はじめてでしたが、これは素敵だなぁと思いました。
一人だと恥ずかしいけれど、2人で練習するなら、なんか楽しいな。
意外と人も少なかったです。


春の日差しをたくさんあびて、次の歌を練習しました。


SAKURA いきものがかり
楓 スピッツ
糸 中島みゆき
カントリーロード 「耳を澄ませば」主題歌


どこまでも続く淀川の河川敷を見ながら、
「この風景には、カントリーロードの描写がぴったりだなぁ」と思いながら歌いました。



そして…本番が始まりました。
いつもカラオケで歌っていた私にとって、なぜか謎の緊張…。


SAKURAからスタートしました。
かもまるさん、さすが!歌っている私に合わせてギターを弾いてくれたので、無事に終了しました。


そして…最後の歌になりました。
「星歌さんとは星歌さんのファンの方を通じて知り合いました。
 その方が紹介してくれなかったら、僕は星歌さんと会うこともなく、
僕たちがここで、一緒に演奏することもなかったでしょう。不思議ですね。」 かもまるさんの、この一言で、「糸(中島みゆき)」を歌いました。 「不思議な出会いによって、開催できた今日のライブ会場にぴったりの歌だなぁ」と、会場の空気を感じながら歌いました。 河川敷では、カントリーロードがぴったりだったけれど… 同じ歌を同じ人と練習していても、歌う場所によって、感じ方が変わるんだなあと思った一日でした。 星歌未来
全 22 件中 1 - 5 件表示 次の5件 >> 
Profile
星歌未来
星歌未来

~歌ってます。 歌うことでしか、伝えられないものがあるから。~    「一期一会」と心に刻み、ライブに挑むその声は、ソーダ...

Profile
Community
twitter
AD
ファーストシングル
 「月のカケラ」


ファーストPV
 「あなたの未来を」