Blog
2019.1.08
先月、大山崎のウィスキー工場に行きました。この辺りは、
水に恵まれているらしいです。
大山崎の水を使って作った出汁のうどん屋に行き、
ウィスキーの試飲もしました。
 桂川、宇治川、木津川の三大河川が収斂してくるところであり、
かつては多くの池沼や 水陸の境界も不明瞭な湿地帯が広 
がっていたそうです。 
なんだか、この辺りの場所が好きです。
この日のことを思い出して、年末から作曲中です。
なんだか、何かのBGMみたいな曲です。







2019.1.06
地蔵横丁に、夫婦善哉という、おぜんざいが、ありました。


お碗が2つ。
お餅が一つずつ入って2つ。
あ、言葉よりも、お写真を見た方がわかりやすいですね。
このとおりです。



可愛らしいです。
そして、夫婦善哉の間に、ちょこんと挟まっている塩昆布も、しっかりと味が付いていて美味しかったです
2019.1.05
昨年、大変お世話になった方に、特別、お年賀CDを作成しました。
中身も全て手書きの粗品で失礼いたします。
今年はどんな音楽人生になるのだろう。
一緒に歩んでくれる方、見に来てくれる方ありきなので、
本当にありがとうございます。
お正月に、高速神戸駅からモザイク間を久しぶりに歩いたことを機に、
神戸のことを色々と思い出しました。

子供の頃に、シネモザイクの映画館によく行ったことー

その頃は、海のそばの建物…ロッテリアの近くに映画館がありました。
高速神戸駅で降りたあと、海が見えるまでの道を、ワクワクしながら歩きました。
チケットを窓口で購入したら、上映までの時間を、お店をぶらぶらして過ごしました。
映画館から観覧車までの道に並んでいるお店を出たり入ったりして、
ぶらぶらしました。その頃は、広いゲームセンターもありました。
そして、上映時間になったら、長いエスカレーターで、スクリーンを目指して上に上がりました。
待ち遠しいのか、このエスカレーターがとても長く感じられました。

子供の頃は、ハーバーランドにデートで来ているお兄さんお姉さんが、
かっこよく見えました。 

大人になったら入れるのかなぁと思うような、お洒落なレストランを横目に、
子供の私は、帰り道に、オムライスか、ロッテリアか、プロメナ神戸まで戻ってきて、
フードコートに行くことが多かったのでした。 

ボールマシーンは、なぜか、ずっと見ていてもあきませんでした。弟と2人で、
しゃべりもせずに、ぼーっと見ていました。
そして、今は無くなってしまったけれど、阪急百貨店でのお母さんのお買い物に、
最後は付き合わされるのでした。

映画館もゲームセンターも今は違うところに移動したりしていて、
当時と少し変わってしまったけれど、建物や道は残っていて、
子供の頃の素敵な思い出として、心に残っています。

そうか、ふるさとって、こういうことなのかな。

私が子供のころは、アンパンマンミュージアムは無かったから、
今の子供たちが、いつか、アンパンマンミュージアムの思い出を
語ったりするのかな。少し、楽しみです。
2019.1.03
今年は、水琴の音がするお守りを買いました。
私が初めて水琴の音を聞いたのは、京都大原だったかな。
静かな音で「えっ?!どれどれ?」と、子供の私は、お母さんに聞いていました。
その時は「ふーん…」で終わったけれど、大人になって聞くと、癒されます。
水琴のCDも持っていますが、お守りになっているなんて!
ふりふりして、癒されよう。
<< 前の5件  全 190 件中 6 - 10 件表示 次の5件 >> 
Profile
星歌未来
星歌未来

~歌ってます。 歌うことでしか、伝えられないものがあるから。~    「一期一会」と心に刻み、ライブに挑むその声は、ソーダ...

Profile
Community
twitter
AD
ファーストシングル
 「月のカケラ」


ファーストPV
 「あなたの未来を」