Blog
2019.7.31

今日はリハ前にミューザ川崎シンフォニーホールへ鑑賞に行ってきました。

ボッケリーニ、ロドリーゴ、シャブリエ、ファリャと、スペイン色濃厚なクラシック♪

 

アランフェスをクラシックギターじゃなくて、アンプを通したアコギで弾いていた渡辺香津美さんの試みが新鮮でした。

…でも細かいフレーズが聞き取りにくかったので、クラシックギターの方が良いかな(笑)。

シャブリエの狂詩曲スペインも中学の時よく聞いていたから懐かしかった。

そして、ファリャ!

大好きな作曲家なので、気持ちが上がったな~☆

小学5年生の時、ファリャのスペイン舞曲を弾いたときに『自分の音』を見つけて、その時にバイオリニストになろうって思ったのです。

クラシックはやっぱり原点ですね。

 

鑑賞後は、8/10の渋谷duoでのU-kenさんのリハでした。

雷音にツインギターが入ったので、すんげーカッコ良くなっちゃってます!!

U-kenさんの曲もPOPでRockで、やさしくて。

頑張ってサポートするぞ!

2019.7.24

ふと、近くの草むらを見ていたら…。

4つ葉と5つ葉のクローバーを見つけました☆彡
5つ葉は3本ほど、4つ葉に関しては20本の大量(笑)

4つ葉は幸運で、5つ葉は財運アップ、そして100万分の1の確率だそうです。

いいことありそう~(*´▽`*)

2019.7.16

今日は修禅寺頼家まつりにて、源頼家役という名誉ある大役を務めさせていただきました。

2006年修禅寺桂座音楽賞で初代グランプリになってから早13年。

今でもこうして大切にしてくれる修禅寺桂座のみなさんに心より感謝いたします。

修禅寺を出発し、十三士、源頼家のお墓の前で供養し、1時間練り歩いた後、修禅寺にもどり30分ほどのコンサートを行いました。

大きなパワーをいただいた気がします。

題材としては難しいかもしれないけれど、頼家という曲作りにもチャレンジしてみたくなりました(^o^)丿

 

駆けつけてくれたファンのみなさん、着付けやセッティングなどこの日のために集まっていただいたたくさんのスタッフのみなさん、ありがとうございました。

昨日のビナウォーク、Dr.&PerのrinamameさんとPf朝香さんの組み合わせがとても素晴らしかった。

お二人は15回目の修禅寺桂座音楽賞にてグランプリを受賞したばかりのタッグなのです。

flowers2の『睡蓮』を聴いて頂ければすぐにわかりますが、多彩なフレーズを駆使してくれる朝香さん、いつも心から楽しんで弾いてくれます。

rinamameさんは初共演なのに、style-3!の音楽がもう体に入っていて、BPMの心地よいキープ力、僕のタイミングを見てくれる余裕までありました。

またの共演が楽しみです。

今日の夜はその修善寺の夏のイベントの幕開けとなる、頼家まつりの前夜祭での演奏。

明日は仮装して、修禅寺、十三士の墓を詣で、供養をしてから修禅寺に戻り演奏するという、頼家まつりに出演します。

しかも、その頼家役を仰せつかまつりました。

頼家の衣装で演奏するという、未知の体験!どうなるでしょうか‥.

上野恩賜公園野外ステージへのご来場ありがとうございました!
 
演奏メンバー、舞台監督、音響、照明、イベンターの皆様、style-3!スタッフ。
積み重ねてきたチームワークは本当に心強いもので、そしてたくさんの愛がありました。
そしてなにより、ご来場のみなさんからのあたたかいまなざし、笑顔、涙は一生忘れません。
 
天候にも恵まれ快適だったので、当日の思いつきで『うつろい』をアコースティックのバイオリンでソロで演奏しました。
気持ちが音に乗り、後ろの方まできちんと届いていたとのことで、ほっとしています。
音に気持ちを乗せることの意味、想いを届けることの大切さを再確認できました。 

2019年前半のstyle-3!としては、
春はPOPにベイホール、夏はstyle-3!らしい曲を上野恩賜公園で。
これまでの集大成のような形をお届けできたと思います
 
秋冬は、新たな試みの中で、ビシッと決めます。
Make the Next Story 
これまでの曲の中でもかっこいい系の曲を集め、新たな楽器編成で行こうかなと思っています。
テーマはBLACK、大人モードでのアツいTOURにむけて準備開始!!
 
11/9(土)神戸CASH BOX
11/24(日)仙台Flyng Son
12/8(日)浜松FORCE
12/21(日)横浜にぎわい座
 
15周年、後半戦も盛り上がっていきましょう。
全 6 件中 1 - 5 件表示 次の5件 >>