Blog
2018.12.18
Ave Maria

ホテルグリーンプラザ箱根での1泊2日、本当に楽しかったし、

ご来場の一人一人とお話できてよかった。

 

この日どうしても演奏したかった曲がありました。

ホテルの教会で1曲目に演奏した、カッチーニの「アべ・マリア」です。

日本語訳では「おめでとう、マリア」というタイトルなのに、

なぜか悲しい短調なメロディー。

 

きれいな旋律なのに、深い憂い。

絵画のような、彫刻のような、受け取る人に自由な解釈を与える曲。

憂いを含んだ慈しみ。

 

一刻一刻と、姿を変える花にも通じて、

その一瞬一瞬が朽ちていくからこその、美しさ、愛、母性、無垢の強さ、祝福を感じます。

 

二度とないこの日に、「おめでとう」。

 

重ねて今日、一番下の弟に子供が生まれたとのことで。

嬉しくなったのでした(*´▽`*)

 

おめでとう☆彡