Profile
Biography

宮川彩音 Ayane Miyakawa


群馬県出身。2歳からエレクトーン、7歳からピアノ、10歳からフルートを始める。
高崎市立高崎経済大学附属高等学校芸術コース音楽系を経て、2018年3月、東京藝術大学音楽学部器楽科フルート専攻卒業。2019年9月、ドイツ・ハンブルク音楽院修了。
第67回全日本学生音楽コンクール東京大会本選高校の部入選。第1回K木管楽器コンクールフルート部門第2位、木管部門グランプリ第3位。第2回パン・パシフィック現代音楽コンクールソロ部門第2位。第27回日本クラシック音楽コンクール第4位。2019年アントン ルビンシュタイン国際コンクールフルート部門入選。
工藤重典、サンドリーヌ・フランソワ、ヘンリク・ヴィーゼ、ニコラ・デュシャン、ハンスゲオルグ・シュマイザー、高木綾子、サラ・ルヴィオン各氏のレッスンを受講。第35回草津夏期国際音楽アカデミーにおいて、アンドラーシュ・アドリアン教授のマスタークラスを修了。
2016年12月、アメリカのシカゴで開催されたミッドウエストクリニックに、藝大ウィンドオーケストラメンバーとして参加。奏楽堂モーニングコンサートのソリストに選抜され、2017年7月、迫昭嘉指揮、東京藝大フィルハーモニア管弦楽団とニールセンのフルート協奏曲を共演。オーケストラのエキストラ出演、新曲の初演、室内楽活動にも積極的に取り組んでいる。
フルートを長谷見桂子、中條秀記、羽鳥美紗紀、白尾彰、大嶋義実、木ノ脇道元、竹澤栄祐、小池郁江、Waldo Ceunenの各氏、フラウト・トラヴェルソを前田りり子氏、室内楽を山本正治、岡崎耕治、和久井仁、伊藤圭の各氏、コレペティをTomas Grubmuller氏に師事。
平成29年度公益財団法人青山財団奨学生。瀬木芸術財団 2017年度短期海外研修生
Profile
宮川彩音(Flutist) Official Site
宮川彩音(Flutist) Official Site

宮川彩音 Ayane Miyakawa 群馬県出身。2歳からエレクトーン、7歳からピアノ、10歳からフルートを始める。 高崎市立高崎経済大学附属高等学校芸術...

Profile
AD